会員向け

健康保険の被扶養者認定における新型コロナウイルスワクチンの接種業務に従事したことによる一時的な収入増加の取扱いについて

この度、日本看護協会を通じて、厚生労働省から標記に係る通知がありましたので以下にお知らせします。

「健康保険の被扶養者の認定においては、「年収130万円」の基準があります。この度、新型コロナウイルス感染症に係る予防接種業務のほか、医療機関や軽症者宿泊療養施設等で従事したことによる収入の一時的な増加が生じ、被扶養者の認定が取り消されるのではないかという懸念の声があることから、厚生労働省より一時的な収入増加の取り扱いについて事務連絡が送付されましたので、お知らせします。」

ワクチン接種業務による一時的な収入増加の取扱いについて