会員向け

公益社団法人青森県看護協会 令和3年度役員候補者について

 公益社団法人青森県看護協会における令和3年度役員について、推薦委員会および理事会からの推薦候補者を、各候補者のコメントと共に以下に記載いたします。
 なお、その他立候補する方があれば4月19日までに届出されるよう会員各位にお知らせしたところ、期限までに立候補者はありませんでした。

第一副会長候補者 第二副会長候補者 専務理事候補者
山内 留美子
(青森県立中央病院)
長瀬 比佐子
(個人会員)
大鰐 恭子
(青森県看護協会)
 コロナ禍の中でも、看護協会は看護職を支え、看護の質向上を目指して会員の皆様と一緒に事業活動を進めてきました。
4年目となる次期も第一副会長として会長を補佐し、協会運営に貢献して参ります。ご支援をよろしくお願いいたします。
 コロナ禍の中、看護職への関心が高まり、看護の役割は大きく、県民の健康を守る為にも看護の質の向上や働くためのより良い環境づくりが求められています。その上で、会員の皆様の声を大切に三期目として第二副会長の役割を務めてまいりますので、ご支援ご協力をお願いします。  コロナ禍という未曽有の危機。平時からの看護のあり方を問われているようです。だからこそ、看護の力を確かなものへ。
会長、副会長を補佐し、協会運営に持てる力を尽くしたいと思います、皆様のご支援をお願いいたします。
常務理事候補者 常務理事候補者 保健師職能理事候補者
前田 隆子
(青森県看護協会)
佐藤 しのぶ
(個人会員)
山田 淑子
(青森県健康福祉部)
 高齢化社会の中、地域包括システムの推進にはには、ますます看護職の役割が重要となってきます。看護の質の向上、働き続けられる職場づくりを目指し、現場の声に耳を傾け、現場のために努力していきたいと思います。
会員の皆様のご支援・ご協力をよろしくお願いいたします。
 今まで、青森県看護協会のさまざまな活動に支えられながら、長く看護職を続けてきたと感じております。今後、看護職の質向上と県民の保健医療福祉の向上のために、ささやかな教職の経験も活かしつつ貢献できればと考えます。  新型コロナウイルス感染症の対応の中で、看護職の連携の重要性を再認識しています。看護職の連携強化のために、保健師職能が実施すべき取組みを一緒に考え、実践したいと思いますので、よろしくお願いいたします。
看護師職能II理事候補者 地区理事(三八)候補者 地区理事(西北五)候補者
吉田 冬子
(弘前大清水ホーム)
武部 克子
(総合リハビリ美保野病院)
三上 美紀子
(つがる西北五広域連合つがる総合病院)
 高齢化社会が進展する中、地域包括ケアシステム推進に向け、地域において質の高い看護を提供できるよう努力してまいります。
皆様のご支援・ご協力をよろしくお願いいたします。
 今までは研修会に参加するだけの立場でしたが、今後は、企画・運営する立場となり、正直なところ、この重責に身の引き締まる思いでおります。
会員の皆様ならびに役員の方々のご支援を頂き、職務を果たせるよう努力したいと存じます。
 支部活動を通し役員の方々との連携を深め、看護の質向上を目指した研修会を企画するなど、会員の皆様のお役に立ちたいたいと考えております。
皆様のご支援とご協力をどうぞよろしくお願いいたします。
地区理事(上十三)候補者 准看護師理事候補者 監事候補者
田荷 美紀子
(公立野辺地病院)
高橋 善弘
(むつリハビリテーション病院)
成田 由美子
(個人会員)
 上十三支部では、年2回の研修会と地域でのイベントに参加し、関係機関と連携しながら地域包括ケア推進へ貢献して行きたいと思います。ご指導よろしくお願いいたします。  この度、准看護師理事候補者となりました。期待よりも不安が大きいですが、これからの准看護師の在り方について、会員の皆様のご意見に耳を傾け、一緒に考えていきたいと思っております。
会員皆様のご支援・ご協力をよろしくお願い致します。
 監事として2期目となります。事業の運営が適正に推進される様、監事としての役割を果たしていきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。
監事
(保健師・助産師・看護師・准看護師以外)
候補者
若山 恵佐雄
(税理士法人NAVIS代表)
 監事として3期目となります。主に協会の会計に関する監査を担当し、会計年度に係る計算関係書類(計算書類及びその附属明細書)及び財産目録を中心に監査を行います。よろしくお願いします。