その他

日本看護協会から「労働と看護の質向上のためのデータベース(DiNQL)事業 2021年度 参加病院募集」のご案内です

 日本看護協会では、看護職が健康で安心して働き続けられる環境整備と看護の質向上を目指し、データを活用した看護管理者のマネジメントを支援するためDiNQL事業に取り組んでいます。看護管理者を支援する方法として、ベンチマーク評価ができるITシステムを提供しています。また、本事業に蓄積されたデータは政策提言のためのエビデンスとしても活用されています。2019年度は531病院4,973病棟が参加しています。
 この機会にぜひ本事業へご参加いただき、皆さまの看護管理にお役立てください。

日本看護協会Webサイト「労働と看護の質向上のためのデータベース(DiNQL)事業」