その他

「新型コロナウイルス相談対応研修・意見交換」を実施しました

 8月7日(土)にアートホテル青森にて「新型コロナウイルス相談対応研修・意見交換」を開催しました。この研修は、当協会が雇用している保健所等に勤務する電話相談員、無症状者等の宿泊施設で看護業務に従事する看護師及び濃厚接触者である児童を一時保護所等において対応する看護師を対象に実施しました。
 日々、電話で健康相談や健康観察に従事している看護職のストレス対応や相談者への対応技術を学ぶため、講師に弘前大学大学院保健学研究科 准教授 松田侑子氏をお迎えして「支援者のためのメンタルヘルスケア~電話相談対応に伴うストレスとのその対処を中心に~」と題し、講演していただきました。
 参加者からは「講演内容を他の相談員にも伝えたい」「講演を聞いて気持ちが楽になった」「入所者の不安やストレスにどう対応していいか考えていたので、タイムリーな内容だった」との声が聞かれ、とても好評でした。
 また、午後は電話相談員、宿泊施設対応ナースに分かれ、状況報告や業務の課題について話し合いました。
 毎日、新型コロナ感染症の発生状況が報道され、その数の多さに比例して、電話相談も宿泊療養者も増え、従事する看護職の大変さも増しています。感染者の速やかな回復を祈るととともに、一日でも早く、収束の兆しが見えることを願うばかりです。

講師:松田侑子氏

【講師:松田侑子氏】

講師:松田侑子氏

会場の様子

【会場の様子】