メニューを飛ばして本文へ
ホーム » 会員の皆様へ » 会員の皆様へのお知らせ »

日本看護協会通常総会・全国職能交流集会について

2019年度日本看護協会通常総会・全国職能交流集会について
 2019年度の日本看護協会通常総会および全国職能交流集会が、それぞれ2019年6月6日(木)および7日(金)に、北海道函館市にて開催されます。
 函館市は国内外問わず人気の観光地であり、6月は観光シーズンとなるため、4月以降は宿泊施設の手配が困難になることが予想されます。
 ご参加を予定している会員様につきましては、できるだけ早めに、先にお送りしております「参加案内」の宿泊プランにてお申込みいただくか、各自でホテル等宿泊施設を確保いただきますようお願い申し上げます。

(公社)全日病青森から「訪問看護研修会」開催のお知らせです

開催日時 平成31年3月1日(金) 15:00~16:30
場  所 青森県医師会館 4階 中会議室 (青森市新町2-8-21 TEL:017-723-1911)
内  容 15:00~15:15 行政説明
  「県内の訪問看護の現状について(仮)」
  講師:奈須下 淳 氏(青森県健康福祉部医療薬務課 課長)
15:15~15:45
  「在宅ケアにおける訪問看護ステーションとの連携」
  講師:北畠 滋郎 先生(医療法人北翔会 北畠外科胃腸科医院 院長)
15:45~16:00
  「ギリギリ訪問看護ステーションの現状について」
  講師:森 弘美 氏(訪問看護ステーションマスダ 所長)
16:00~16:15
  「訪問リハビリの必要性について」
  講師:中山 智之 氏(ときわ会訪問看護ステーション 理学療法士)
16:15~16:30 質疑応答

こちらの開催案内チラシもご覧ください。
申込方法 こちらの参加申込書に必要事項をご記入のうえ、FAXにてお申込みください。
問 合 先 公益社団法人全日病青森 事務局
青森市新町2-8-21 青森県医師会内
TEL:017-7231911 FAX:017-735-7344

【期間延長】青森県から「訪問看護体験型研修」のお知らせです

募集期間 ~平成31年3月 【期間が延長となりました】
研 修 先 県内の訪問看護体験型研修協力ステーション
(対象訪問看護ステーション一覧)
研修内容 Aコース:1日入門コース
  オリエンテーション、同行訪問、振り返り
Bコース:2~5日実践コース(日数は参加者の希望により)
  看護ケアの実際、事例検討、基礎技術の演習、
  サービス担当者会議への同席、多職種連携の実際
参加対象 看護師、准看護師、看護学生、介護支援専門員 等
参 加 費 無  料
申込方法 こちらの訪問看護体験型研修参加申込書に必要事項を記入のうえ、FAXにてお申込みください。
(※募集期間が「平成30年8月~10月」と記載されていますが、平成31年3月までに延長されました)
問 合 先 【委託先】公益社団法人青森県医師会 医療企画課(担当:土橋・鈴木)
TEL:017-723-1911  FAX:017-735-7344

内閣官房新型インフルエンザ等対策室から「新型インフルエンザ対策シンポジウム」のお知らせです

開催日時 平成31年3月20日(水) 13:00~15:00(予定)
場  所 全国都市会館 2階 大ホール(東京都千代田区平河町2-4-2)
内容(予定) 1.新型インフルエンザの脅威
2.2009年新型インフルエンザ発生時の米国での対応と教訓
3.新型インフルエンザ発生に備えた米国での対応;医療体制と地域社会における対策
(詳細はこちらをご覧ください)
申込方法 下記の内閣官房ホームページ参加申込フォームからお申込みください。
https://www.cas.go.jp/influsympo_sonota.html
※申込締切:2月15日(金)
※定員(200名)に達した場合、事前に締め切らせていただく場合があります
問 合 先 内閣官房新型インフルエンザ等対策室
五十嵐:kumiko.igarashi.t3j@cas.go.jp
石 田:kazuyuki.ishida.j6a@cas.go.jp
森 田:kaito.morita.b4b@cas.go.jp
TEL:03-6257-1309

環境省から「平成30年度災害時等の熱中症対策シンポジウム」開催のお知らせです

開催日時 平成31年3月15日(金) 13:00~16:00
場  所 CIVI研修センター 秋葉原D205ホール(東京都)
内  容 内容の詳細については以下
環境省報道発表資料(環境省ホームページ)
および
「平成30年度災害時等の熱中症対策シンポジウム開催について」
をご参照ください。
申込方法 こちらの「お申し込み用紙」に必要事項をご記入の上、FAXにてお申込みください。
問 合 先 「平成30年度災害時等の熱中症対策シンポジウム」事務局
TEL:03-3554-5170 FAX:03-5966-5733
(受付時間 10:00~18:00/土・日・祝日を除く)
e-mail:heat-measures0315@stage.ac

青森県から「平成30年度脳卒中県民公開講座」開催のお知らせです

開催日時 【八戸会場】平成31年2月16日(土) 13:30~15:30
【弘前会場】平成31年2月24日(日) 13:30~15:30
場  所 【八戸会場】八戸プラザホテル 本館1階ブリリアント(八戸市柏崎1-6-6 TEL:0178-44-3121)
【弘前会場】弘前パークホテル 4階ラ・メェラ(弘前市土手町126 TEL:0172-31-0089)
内  容 13:00 受付
13:30 開会
13:35 行政説明
13:45 講演「脳卒中の予防、発症から最新治療」
15:15 質疑応答
15:30 閉会

※内容の詳細についてはこちらの開催案内チラシをご覧ください。
対  象 青森県民
参 加 費 無  料
申込方法 こちらの開催案内チラシ(参加申込用紙)に必要事項を記入のうえ、FAXにてお申込みください。
問 合 先 青森県健康福祉部 がん・生活習慣病対策課
〒030-8570 青森市長島1-1-1
TEL:017-734-9212(直通) FAX:017-734-8045
e-mail:gan-seikatsu@pref.aomori.lg.jp

青森県発達障害者支援センター「ステップ」から「発達性強調運動障害(DCD)研修会」のお知らせです

開催日時 平成31年2月24日(日) 10:00~12:30(受付9:30~)
場  所 県民福祉プラザ 4階 大研修室(青森市中央3-20-30)
内  容 【講 師】
弘前大学大学院医学研究科 神経精神医学講座 斉藤 まなぶ 氏

詳細はこちらの開催案内ちらしをご参照ください。
定  員 80名
対 象 者 発達性強調運動障害に興味のある方
参 加 費 無 料
申込方法 こちらの開催案内チラシ(受講申込書)に必要事項を記入のうえFAXでお申込みいただくか、お電話、メールにてお申込みください。
申込締切 平成31年2月15日(金)
※定員になり次第受付を終了します。
問 合 先 青森県発達障害者支援センター「ステップ」
TEL:017-777-8201 FAX:017-777-8202

(公社)全日病青森から「病床機能転換専門研修・講演会」のお知らせです

開催日時 平成31年2月25日(月) 18:00~20:00
場  所 【青森会場】青森県医師会館 4階 中会議室(青森市新町2-8-21) ※主会場
【弘前会場】弘前市医師会館 4階 視聴覚室(弘前市野田2-7-1) ※テレビ中継
【八戸会場】八戸市医師会館 3階 視聴覚ホール(八戸市青葉2-17-4) ※テレビ中継
【むつ下北会場】むつ下北医師会館(むつ市本町2-18 はねやビル3階) ※テレビ中継
内  容 18:00~19:00 基調講演「青森県における地域医療構想の推進について(仮)」
        講師:青森県健康福祉部 次長 有賀 玲子 先生
19:00~19:30 研修講演「地域医療構想に基づく病床機能転換および削減」
        公的病院の立場から:青森県立中央病院 院長 藤野 安弘 先生
        民間病院の立場から:鳴海病院 理事長・院長 淀野 啓 先生
                  青森慈恵会病院 院長 丹野 雅彦 先生
19:30~20:00 総合討論「青森県における地域医療構想」
        座  長:全日病青森  会長 村上 秀一
        パネラー:青森県健康福祉部 次長 有賀 玲子 先生
             青森県立中央病院 院長 藤野 安弘 先生
             鳴海病院 理事長・院長 淀野 啓 先生
             青森慈恵会病院 院長 丹野 雅彦 先生

※詳細はこちらの開催案内チラシをご覧ください。
申込方法 こちらの参加申込書に必要事項を記入の上、FAXにてお申込みください。
申込締切 平成31年2月18日(月)
問 合 先 公益社団法人全日病青森事務局
青森市新町2-8-21 青森県医師会内
TEL:017-723-1911 FAX:017-735-7344

青森市医師会から「在宅医療多職種及び市民公開講座」開催のお知らせです

開催日時 平成31年3月2日(土) 15:00~18:00(14:30開場)
場  所 青森県立保健大学 講堂 (青森市浜館間瀬58-1)
内  容 【第1部】(15:00~15:50) 他職種研修会
 開会挨拶 青森市医師会 会長 成田 祥耕
      座長:南内科循環器科医院 院長 南 收 先生
 講 演 「がんになっても自分らしく~知っておこう 緩和ケアのこと~」
     演者:青森県立中央病院 副院長 的場 元弘 先生

【第2部】(16:00~18:00) 市民公開講座
 映画上映 「生死~いきたひ~」
     座長:芙蓉会村上病院 医師 橋川 正利 先生
 講演  演者:監督 長谷川 ひろ子 氏
閉会挨拶 青森市医師会 副会長 北畠 滋郎

※詳細についてはこちらの開催案内チラシをご参照ください。
対  象 医療関係者・介護関係者・一般の方
参 加 費 無  料
定  員 200名
問 合 先 一般社団法人青森市医師会
〒030-0821 青森市勝田1-16-16
TEL:017-777-1501  FAX:017-777-1503

青森市医師会から「多職種連携研修会」開催のお知らせです

開催日時 平成31年3月23日(土) 14:00~18:00(13:30開場)
場  所 リンクステーションホール青森 5階 大会議室 (青森市堤町1-4-1)
内  容 14:00~14:05 開会挨拶 青森市医師会 会長 成田 祥耕
14:05~14:45 「アドバンス・ケア・プランニングについて」
         講師:青森県立中央病院 看護師 小林 絢 先生
14:45~15:00 「1人暮らしの末期癌患者を自宅で最期まで看取るための多職種支援について」
         講師:南内科循環器科医院 院長 南 收 先生
15:00~16:40 グループ毎に各会場へ移動しグループワーク及び発表
16:40~16:50 休憩
16:50~17:30 DVD上映(青森市医師会製作)「在宅医療は命のリレー」
17:30~17:55 パネルディスカッション
       「多職種連携によるアドバンス・ケア・プランニング(人生会議)」
17:55~18:00 閉会挨拶 青森市医師会 副会長 北畠 滋郎

※内容の詳細はこちらの開催案内チラシをご覧ください。
対  象 青森地区の医療関係者及び介護関係者
定  員 150名
申込方法 こちらの参加申込書(開催案内チラシ)に必要事項を記入の上、FAXにてお申込みください。
【申込締切】平成31年2月28日(木)
問 合 先 一般社団法人青森市医師会
〒030-0821 青森市勝田1-16-16
TEL:017-777-1501  FAX:017-777-1503

【再掲】青森県立中央病院から「在宅緩和ケアマップVol.5」公開のお知らせです

在宅緩和ケアマップ Vol.5が公開されました
「在宅緩和ケアマップ Vol.5」は以下の画像をクリックしてダウンロードできます。


在宅緩和ケアマップについての詳細は青森県立中央病院ホームページをご覧ください。
【問合先】
青森県立中央病院 緩和ケアセンター
TEL:017-726-8111  FAX:017-752-8671

日本看護協会から「2019年度奨学金募集」のご案内

日本看護協会による2019年度各種奨学金についての募集内容は以下の通りです

奨学金の種類 (1) 国際看護師協会東京大会記念奨学金
(2) 石橋美和子がん看護CNS奨学金
(3) 認定看護師教育課程奨学金
(4) 高橋美智大学院教育(看護管理)奨学金
(5) 小倉一春大学院教育(国際看護)奨学金

※(1)~(3):貸与型、(4)(5):給付型
問合せ先 公益社団法人日本看護協会 管理部業務2課 奨学金事務局
TEL:03-5778-8831  E-mail:scholarship@nurse.or.jp

青森県立保健大学から「2019年度認定看護管理者教育課程サードレベル」受講者募集のお知らせです

教育課程名 青森県立保健大学地域連携・国際センター
「2019年度認定看護管理者教育課程サードレベル」
教育機関 2019年6月20日(木)~9月6日(金)のうち33日間
募集人員 20名
募集期間 2019年3月18日(月)~4月15日(月) 最終日消印有効
募集案内 詳細については「2019年度認定看護管理者教育課程サードレベル」募集案内をご覧ください。
問 合 先 〒030-8505 青森県青森市浜館間瀬58-1
青森県立保健大学 地域連携・国際センター
TEL:017-765-2316 FAX:017-765-2021
ホームページ:http://www.auhw.ac.jp/

青森県立中央病院から「平成30年度 周産期医療学習会」開催のお知らせです

開催日時 平成31年3月2日(土) 15:30~17:30(15:00開場)
場  所 青森県立中央病院 3階研修室
(青森市東造道2-1-1)
内  容 15:30~16:00
 一般演題:症例紹介(予定)
  座長:加賀谷 智美(青森県立中央病院 NICU看護師長)
16:00~17:30
 特別講演:「染色体異常を持つお子さんとの関わり~妊娠から出産、育児まで~」
  講師:西川 智子 氏(神奈川県立こども医療センター 認定遺伝カウンセラー)
  座長:池田 智文(青森県立中央病院 新生児科部長)

※詳細についてはこちらの開催要領をご覧ください。
対  象 青森県周産期医療関係者、母子保健関係者、他
申込方法 こちらの開催案内チラシ(参加申込用紙)に必要事項を記入のうえ、FAXにてお申込みください。
問 合 先 青森県立中央病院 総合周産期母子医療センター 情報室
TEL:017-726-8484(平日9:00~16:00)  FAX:017-726-8439

(公財)木村看護教育振興財団から公募事業の募集についてお知らせです

内  容 平成31年度公募事業の募集要綱について
詳  細 木村看護教育振興財団は平成31年度の海外看護研修助成・看護研究助成・専門看護師(CNS)奨学金助成の各事業の公募を開始しております。

詳細は公益財団法人木村看護教育振興財団のホームページをご参照ください。
問 合 先 公益財団法人木村看護教育振興財団 事務局
TEL:03-5800-2700 FAX:03-5800-0022
E-mail:kimura-info@nurseed.jp

厚生労働省事業「遠隔医療従事者研修」開催のお知らせです

基礎研修 【岡 山】 2019年1月12日(土) 岡山県医師会館
【徳 島】 2019年1月13日(日) 徳島県医師会館
【東 京】 2019年1月27日(日) 東京都医師会館
【福 岡】 2019年2月16日(土) 天神スカイホール
【大 阪】 2019年2月24日(日) CIVI研修センター新大阪東
【愛 知】 2019年3月10日(日) imyホール
【宮 城】 2019年3月16日(土) 仙台市急患センター
【北海道】 2019年3月24日(日) 北海道医師会館
※定員:各会場200名
オンライン
診療研修
【大 阪】 2019年1月20日(日) 大阪国際交流センター
【東 京】 2019年3月 3日(日) 東京都医師会館
※定員:各会場50名
参 加 費 無 料
申込方法 研修内容の詳細についてはこちらの研修案内チラシをご覧ください。

参加申込みは、こちらの「遠隔医療従事者研修」ホームページからお手続きください。
問 合 先 「遠隔医療従事者研修」問い合わせ窓口
E-mail:enkakuiryo_kensyu@medley.jp

2019年度DiNQL事業 参加病院募集のご案内

2019年度DiNQL事業の参加病院を募集いたします

初めて看護の質評価に
取り組まれる病院に
オススメ
データ項目の理解、データ収集と入力、ベンチマーク評価の読み方など、多くの病棟で一斉に始めるのは少し大変かもしれません。
最初は、一部の病棟で始めてはいかがですか。
DiNQL事業は年度ごとに参加病棟を選べます。1年間の体験を院内で共有して、2年目からは多くの病棟で、DiNQLを活用しましょう!
もちろん、全病棟でのご参加もお待ちしています(参考 2017年度新規参加病院のうち、8割が全病棟参加)
すでに看護の質評価に
取り組まれている病院に
オススメ
DiNQL事業のデータ項目は、多くの病院が質評価に活用している項目であり、医事課や人事課で管理されている情報も多くあります。
多くの病棟で参加し、マネジメントにDiNQLデータを活用しましょう!
内容詳細 日本看護協会ホームページ「労働と看護の質向上のためのデータベース(DiNQL)事業」をご覧ください。
関連資料 DiNQL事業案内チラシ
2019年度事業実施要項
DiNQL事業のご案内(スライド)
問合せ先 公益社団法人日本看護協会 医療政策部 看護情報課
TEL:03-5778-8495  E-mail:kangojoho@nurse.or.jp

NPO法人SOLOから「市民公開講座」のお知らせです

主  催
共  催
主 催:NPO法人SOLO
共 催:青森県中小企業団体中央会、青森在宅緩和ケア懇話会
開催日時 平成31年3月2日(土) 13:30~15:30(開場13:00)
会  場 県民福祉プラザ 県民ホール(青森市中央三丁目20-30)
内  容 講 演:生活支援の場のターミナルケア「介護施設で死ぬということ」
講 師:高口 光子 氏(理学療法士・介護支援専門員・介護福祉士・介護アドバイザー)

※講演・講師についての詳細はこちらの講演会案内チラシをご覧ください。
会  費 無 料
定  員 350名(要申し込み)
申込方法 こちらのチラシ(参加申込書)に必要事項を記入のうえ、FAXまたはメールにてお申込みください。
問 合 先 NPO法人SOLO(青森市新町1-10-12)
TEL:017-735-0330 FAX:017-771-4244
e-mail:info@solo-aomori.org

青森県看護協会「平成30年度 理事会開催状況報告」

下記の通り議案が承認されましたので報告いたします。
●第4回理事会 [平成30年12月1日(土)開催]

1.平成31年度日本看護協会名誉会員及び日本看護協会長表彰候補者の推薦について
2.平成31年度事業の重点事項について
3.青森県看護協会規程等の一部改正について
4.青森県看護協会所有地の売却について
5.平成31年度青森県看護協会通常総会・職能集会等について
6.職員の12月期賞与について
7.訪問看護ステーションあおい森減価償却引当資産の取り崩しについて

八戸市医師会から「施設でできる在宅医療と看取り研修」のお知らせです

開催日時
開催場所
平成30年12月16日(日):八戸市津波防災センター 研修室A,B
平成31年 1月20日(日):はちふくプラザねじょう 大会議室
平成31年 2月17日(日):はちふくプラザねじょう 大会議室
平成31年 2月24日(日):はちふくプラザねじょう 研修室
※時間はいずれも 9:30~16:30
※4回とも研修内容は同じです
定  員 各回先着40名
内  容 講  師:NPO法人 Reconnect 小倉 和也 氏ほか
※詳細はこちらの研修のご案内をご参照ください。
対  象 居住系施設・高齢者住宅の介護職、看護職、経営者、管理者および連携する医療介護職
参 加 費 無 料
注意事項 【事前学習】1時間程度の事前学習が必要です。申込後、メールにて事前学習資料をお送りします。
【事後フォロー】NPO法人Reconnectが運営する医療介護ICT連携団体connect8のWeb会議室でその後のサポートを行います。
申込方法 こちらの申込用紙に必要事項を記入のうえ、FAXにてお申し込みください。
問 合 先 八戸市医師会交流センター 馬場
TEL:0178-71-2100 FAX:0178-44-9946
E-mail:jimubaba@hachinohe.aomori.med.or.jp

☆ 会長ブログ開設のお知らせ ☆

柾谷会長のブログを開設しました
 看護を取り巻く状況や看護協会の動き、外部の会議など看護協会への理解を深めてもらえるよう情報発信のために、柾谷会長のブログを設置いたしました。
 青森県看護協会ホームページのバナーからご覧ください

平成30年7月豪雨災害(西日本豪雨)見舞金についてのご報告

平成30年7月豪雨災害(西日本豪雨)の見舞い金をお送りしました
 青森県看護協会会員の皆様から募った「平成30年7月豪雨災害義援金」について、以下の各県看護協会に会員数に基づき配分し、「災害見舞金」として10月31日に送金いたしました。
  見舞金総額:978,284円

  配分先:広島県看護協会
      岡山県看護協会
      愛媛県看護協会
会員の皆様から多大なるご協力いただきましたこと、深く感謝申し上げます。
また、上記三県の看護協会から、御礼のお手紙・お電話をいただいておりますこと、併せてご報告いたします。
                           青森県看護協会 会長 柾谷 京子

厚生労働省から「血液製剤の使用指針の一部改定について」お知らせ

厚生労働省医薬・生活衛生局長から標記について通知がありました。

詳細については青森県健康福祉部医療薬務課ホームページをご覧ください。

県民福祉プラザ 第2駐車場についてお知らせ

県民福祉プラザ 第2駐車場の場所が変更になりました
 青森県看護協会が入居している県民福祉プラザについて、第2駐車場の場所が変更となりました。
 入口は県民福祉プラザ正面玄関向い側(勝田一丁目交差点付近)となります(以前の浦町保育所からの入口は閉鎖となっておりますのでご注意ください)

地図等詳細については「県民福祉プラザ」ホームページをご覧ください。

「ヘルシーワークプレイス(健康で安全な職場)」特設Webサイト開設のお知らせ

日本看護協会「ヘルシーワークプレイス(健康で安全な職場)」特設Webサイトへの写真投稿を募集しています
 日本看護協会では、「看護職の健康と安全に配慮した労働衛生ガイドライン~ヘルシーワークプレイス(健康で安全な職場)を目指して」を、今年の3月に公表しました。

 このたび、この労働安全衛生ガイドラインの周知・普及に向けたキャンペーン活動の一環として、「ヘルシーワークプレイス(健康で安全な職場)」特設Webサイトを開設し、「ヘルシーワークプレイス(健康で安全な職場)」を目指すことを宣言する医療機関等を広く募集し、その施設名および写真を掲載していますので、ご案内いたします。

日本看護協会「ヘルシーワークプレイス(健康で安全な職場)」特設Webページはこちらから

「平成30年北海道胆振東部地震」による被害へのお見舞い

この度の「平成30年北海道胆振東部地震」において
被災された皆さまには、心よりお見舞い申し上げます。

平成30年9月10日
公益社団法人青森県看護協会
会 長  柾谷 京子

※災害に関する支援状況については当協会ホームページ左側のバナーからご確認ください。

平成30年7月豪雨に関する災害支援ナースの活動終了

平成30年7月豪雨に関する災害支援ナースの活動は終了しました。
詳細はこちら

青森県看護協会「平成30年度 理事会開催状況報告」

下記の通り議案が承認されましたので報告いたします。
●第2回理事会 [平成30年7月28日(土)開催]

1.青森県看護協会諸規定の改正について

西日本豪雨(平成30年7月豪雨)災害による被害へのお見舞い

この度の西日本豪雨の災害において
被災された皆さまには、心よりお見舞い申し上げます。

平成30年7月18日
公益社団法人青森県看護協会
会 長  柾谷 京子

※災害に関する支援状況についてはトップページ左のバナーからご確認ください。
e784a1e9a18c

平成30年度青森県看護協会通常総会が終了いたしました

下記の通り議案が承認されましたので報告いたします。
平成30年6月16日(土)リンクモア平安閣市民ホールで行われた平成30年度青森県看護協会通常総会が無事に終了しましたことをお知らせします。
全議案とも賛成多数により可決・承認されました。また、青森県看護協会定款改正につきましては、総会員数の3分の2以上の賛成を得て、可決されました。
(総会出席者 292人、委任者 6,487人  合計 6,779人 )
公益社団法人青森県看護協会
〒030-0822 青森市中央3-20-30 県民福祉プラザ3階
TEL:017-723-2857  FAX:017-735-3836

日本看護協会から平成31年度以降の准看護師を対象とした奨学金についてのお知らせです

対  象 2年課程通信制に在籍する准看護師の方
貸与金額 年額48万円または36万円(任意選択)
貸与期間 在学中の1年間または2年間
応募条件 日本看護協会の会員であること(応募と同時入会可)
看護師学校養成所2年課程(通信制)に在籍していること
返還条件 無利息(貸与終了の翌年10月から最長4年以内に返還)
募集時期 【第1期】1月中旬~2月末
【第2期】3月1日~4月末頃
振込時期 【第1期】5月末頃予定
【第2期】7月末頃予定
内容詳細 奨学金の特色他、詳細についてはこちらの「日本看護協会奨学金のご案内」チラシをご参照ください。
お申込み 日本看護協会ホームページにて応募年度の募集要項(毎年9月頃に翌年度版に更新)をご確認ください。
http://www.nurse.or.jp/nursing/education/scholarship/ninenkatei/
トップページ>「生涯学習支援」>「奨学金制度」>「看護師学校養成所2年課程(通信制)進学者に対する奨学金」
お問合せ 公益社団法人日本看護協会 奨学金事務局
TEL:03-5778-8543  e-mail:shogakukin@nurse.or.jp

青森県看護協会「平成30年度 理事会開催状況報告」

下記の通り議案が承認されましたので報告いたします。
●第1回理事会 [平成30年4月21日(土)開催]

1.平成30年度青森県看護協会通常総会要綱及び進行について
2.平成30年度青森県看護協会役員の選任について
3.平成30年度青森県看護協会職能委員・常任委員の選任について
4.青森県看護協会定款細則・規則の一部改正について
5.職員の6月期賞与支給について

青森県から「平成30年度青森県病床機能分化・連携施設設備整備費補助金(在宅医療分)交付要綱」についてお知らせです

内  容  平成30年度青森県病床機能分化・連携施設設備整備費補助金(在宅医療分)交付要綱について、青森県地域医療構想に掲げる、地域における病床の機能分化・連携を推進し、在宅医療の充実を図るため、医療機関が行う訪問(歯科)診療及び訪問診療の後方支援並びに訪問看護ステーションが行う訪問看護の実施に要する設備整備事業に要する経費に対し、補助金を交付することとして交付要綱を定めたのでお知らせします。

詳細については県ホームページ(http://www.pref.aomori.lg.jp/soshiki/kenko/iryo/30zaitakuhojo.html)をご覧ください。

問合せ先 青森県健康福祉部医療薬務課地域医療確保グループ 担当:石澤
TEL:017-722-1111(内:6251)  FAX:017-734-8089

青森中央学院大学から「2018年度 看護実践支援セミナー」開催のご案内です

青森中央学院大学看護学部では、地域の看護職の継続教育支援を目的に看護実践支援セミナーを開催し、5年目を迎えました。
今年度は、臨地実習、新人・スタッフ教育など施設内の教育担当の皆様が、指導する際のポイントについて、看護過程をベースに年間を通じて学べるように計画しております。教育担当を始めたばかりの方にも分かりやすいよう、事例を用いて具体的に学べるプログラムです。

講  師 古橋 洋子(青森中央学院大学 特任教授)
時  間 15:00~17:00
会  場 青森中央学院大学 7号館(看護棟) 5階 753教室
年間予定
日 付 内 容 方 法
2018年
4月19日(木)
看護過程
情報収集・アセスメント・問題点
初期計画・ 経過記録
電子カルテデータの活用
講義
5月24日(木) 事例検討
(疾患経過別の看護過程)
統合アセスメント・問題点
初期計画・経過記録
グループワーク
6月21日(木) グループワーク
7月19日(木) 発表
8月 休み
9月20日(木) 事例検討
情報収集・アセスメント・問題点
初期計画
グループワーク
10月18日(木) 事例検討
経過記録
グループワーク
11月15日(木) 学生指導(基礎)
行動計画、実施、カンファレンス
毎日の記録コメント
グループワーク
12月13日(木) 学生指導(成人)
行動計画、実施、カンファレンス
毎日の記録コメント
グループワーク
2019年
1月31日(木)
スタッフ指導方法 グループワーク
10 2月28日(木) スタッフ指導方法
受講証明書発行
グループワーク
参加費
教材費
5,000円(全10回) 初回参加される際、受付にてお支払ください。
なお、欠席された場合でも、返金いたしかねますのでご了承ください。
途中参加、興味のある内容に1回1コイン(500円)での参加も可能です。
使用書籍 1) NANDA-I 看護診断-定義と分類 2015-2017,医学書院
2) 看護診断・成果・介入-NANDA、NOC、NICのリンケージ,医学書院
3) 看護成果分類(NOC)-看護ケアを評価するための指標・測定尺度,医学書院
4) 介護介入分類(NIC),南江堂
1) お持ちの方はご持参ください。当日のみ、大学の本の貸し出しも可能です。
●2) 3) 4) 当日のみ、大学の本を貸し出します。
問合せ先 青森中央学院大学 看護学部 松島
TEL:017-728-0121

青森県看護協会から「映像で感じ、考える、これからの在宅看護論」DVD貸出開始のお知らせです

内  容  青森県看護協会では図書室を設置し、会員向けに書籍等の貸出を行っております。
この度、聖路加国際大学 教授 山田 雅子 氏(地域看護専門看護師)総監修の「映像で感じ、考える、これからの看護論」DVD全5巻の貸出(有料)を開始いたしました。
 貸出期間・料金等は以下のとおりとなっております。是非ご利用ください。

貸出期間:2週間
貸出料金:1,000円(5巻セット貸出)

DVDについては以下のホームページをご覧ください。
DVD「映像で感じ、考える、これからの在宅看護論」

ご利用の際は、青森県看護協会 教育研修課にお申込みください。

問合せ先 公益社団法人青森県看護協会 教育研修課
〒030-0822 青森市中央3-20-30 県民福祉プラザ3階
TEL:017-723-4579  FAX:017-735-3836

内閣府から「マイナンバーを取得する際の本人確認書類の写しの取扱い」についてお知らせです

内  容  行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律(平成25年法律第 27 号)が施行され、行政機関、地方公共団体、民間事業者においてマイナンバー(個人番号)が取り扱われております。
 今般、内閣府及び個人情報保護委員会において、本人確認書類の写しの取扱いについての留意事項として(別紙)を新たに策定いたしましたので、当該留意事項の考え方に沿って御対応いただきますようお願いいたします。
詳  細 上記内容についてはこちらの「別紙」をご覧ください。

厚生労働省から「特定行為研修において患者に対する実技を行う実習内容に関する証明書の発行」についてお知らせです

内  容  厚生労働省医政治局から「特定行為研修において患者に対する実技を行う実習内容に関する証明書の発行」について通知がありました。詳しくは以下の文書をご参照ください。
「特定行為研修において患者に対する実技を行う実習内容に関する証明書の発行について」

また、看護師の特定行為に係る手順書例集が厚生労働省ウェブサイトに掲載されましたので、詳しくは以下のURLを参照ください。

【特定行為に係る手順書例】
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000111457.html

【特定行為に係る看護師の研修制度】
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000077077.html

日本褥瘡学会から「褥瘡受入病院一覧」についてお知らせです

内  容  日本褥瘡学会では「褥瘡受入病院一覧」をホームページで公開しており。現在約800病院が都道府県別に紹介されています。
 以下に青森県における褥瘡受入病院と、ホームページにおける褥瘡受入病院の一覧をご紹介いたします。
 
【青森県「褥瘡受入病院」一覧】
<つがる西北五広域連合つがる総合病院> 五所川原市字岩木町12-3
<十和田市立中央病院> 十和田市西十二番町14-8
<八戸市立市民病院> 八戸市大字田向字毘沙門
<公立野辺地病院> 上北郡野辺地町鳴沢9-12
<弘前大学医学部附属病院> 弘前市本町53

日本褥瘡学会ホームページ「褥瘡受入病院一覧」はこちらから

なお、褥瘡受入病院において、一覧へ登録される場合は、上記リンク先の「褥瘡受け入れ病院登録 新規申請書・変更申請書」をダウンロードしてください。

問 合 先 (株)春恒社学会事業部内 日本褥瘡学会事務局
TEL:03-5291-2170  FAX:03-5272-1631
E-mail:jokusou@shunkosha.com