メニューを飛ばして本文へ
ホーム » 青森県看護協会とは? » 委員会活動 »

委員会活動

青森県看護協会の基本理念

基本理念とは

価値判断の基準であり組織の方向性を示し、優先順位を判断して、全ての活動を正しい方向に導く最上位に位置する考え方で、次の3つの要素から構成される。

  1. 使命:青森県看護協会の「目的」
  2. 活動理念:使命を達成するための「活動方針」
  3. 基本戦略:使命を効果的に達成していくための「実現手段」
1.使命
  • 教育と研鑚に根ざした専門性に基づき看護の質の向上を図る
  • 看護職が生涯を通じて安心して働き続けられる環境づくりを推進する
  • 人々のニーズに応える看護領域の開発・展開を図る
2.活動理念
  • 看護職の力を変革に向けて結集する
  • 自律的に行動し協働する
  • 専門性を探求し新たな価値を創造する
  • 「法令遵守」「内部統制」「説明責任」の理念に即した法人運営を行う
3.基本戦略

3つの使命に基づく事業領域において、政策形成、自主規制、社会貢献、広報、開発・経営、支援事業の6つの実現手法を用いて、県民の健康の実現を図るものである

基本戦略6つの実践

職能委員会

保健師職能委員会
  1. 保健師職能集会・交流会の開催
  2. 職能集会冊子作成
  3. 地域母子保健に関する意見交換会(助産師職能委員会と合同)
  4. 会員拡大活動(未加入市町村及び産業保健師への加入の働きかけ)
  5. 広報活動
  6. 日本看護協会との連携
  7. 職能委員会企画研修会への参加
助産師職能委員会
  1. 助産師職能集会・交流会の開催
  2. 職能集会冊子作成
  3. 地域母子保健に関する意見交換会(保健師職能委員会と合同)
  4. 助産師出向支援導入事業への協力
  5. 「いいお産の日」事業への協力
  6. 会員拡大活動(未加入施設へ加入の働きかけ)
  7. 広報活動
  8. 日本看護協会との連携
  9. 職能委員会企画研修会への参加
看護師職能委員会Ⅰ
  1. 看護師職能Ⅰ・Ⅱ集会の開催
  2. 職能集会冊子作成
  3. 病床機能転換研修報告会開催
  4. クリニカルラダー実施状況調査
  5. 広報活動
  6. 日本看護協会との連携
  7. 職能委員会企画研修会への参加
看護師職能委員会Ⅱ
  1. 看護師職能Ⅰ・Ⅱ集会の開催
  2. 職能集会冊子作成
  3. 施設・在宅のナースカフェの開催
  4. 広報活動
  5. 日本看護協会との連携
  6. 職能委員会企画研修会への参加

常任委員会

教育委員会
  1. 平成30年度研修の運営及び評価をする
  2. 平成30年度教育研修実施録を作成する
  3. 平成31年度研修の企画をする
  4. 平成31年度教育計画冊子を作成する
  5. 3年ごとに青森県看護協会教育体系について検討する
広報出版委員会
  1. 青森県看護協会「看護 青い森」を年3回発行する
  2. 県民を対象とした一般向広報紙を年1回発行する
  3. ホームページの具体的な構成等の見直しを検討する
学会委員会
  1. 第47回(平成30年度)青森県看護学会の学会誌作成と運営及び評価をする
  2. 第48回(平成31年度)青森県看護学会を企画する
推薦委員会
  1. 平成31年度改選する役員・推薦委員及び職能委員の候補者を会員の中から公募して推薦する
看護労働環境対策委員会
  1. 看護職のWLB推進の普及に関すること
  2. 看護職の労働環境に対する個人調査の実施
  3. 医療機関へ実施した「看護職の夜勤・交代制ガイドラインの普及に関する実態調査」結果の分析及び課題に対する改善策の検討
医療・看護安全委員会
  1. 青森県医療安全管理者交流会の企画・運営・評価をする
  2. 医療安全ネットワークシステムの運用管理
災害看護活動委員会
  1. 災害支援ナースの周知及び募集をする
  2. 災害看護研修会の企画・運営・評価をする
  3. 災害支援ナース合同会議・フォローアップ研修の企画・運営・評価をする
  4. 青森県総合防災訓練に参加する
  5. 災害支援マニュアル及び災害支援ナースハンドブックの見直しをする
看護研究倫理審査委員会
  1. 研究対象者及びその関係者の人権を擁護し、研究等が倫理的配慮をもって適正に行われているかを審議する