メニューを飛ばして本文へ
ホーム » 研修会情報 » 教育研修計画 »

教育研修計画

新人研修

1.学ぼう!看護職の責任と役割/WRAP「自分のトリセツ」を作ろう/新人看護師 交流会/急変時の看護/感染管理の基礎知識
2.安全に食べるための口腔ケア/排泄の援助と創傷ケア/医療安全の基礎知識/与薬と医療事故防止

准看護師研修

3.認知症ケア入門~准看護師・高齢者施設に勤務する看護師のために~
4.准看護師のための看護実践力アップ【フィジカルアセスメント】【進学支援】
5.准看護師のための看護実践力アップ【気管切開・胃瘻など瘻孔のスキンケア】

専門研修

6.救急・急変時の看護
7.心電図・人工呼吸器などME機器の観察ポイント
8.褥瘡予防のためのスキンケア
9.一人ひとりが取り組む感染防止対策~患者さんとあなた自身を守るために~
10.季節性ウィルス性感染症に備える~インフルエンザ・ノロウィルス・溶連菌感染対策~
11.エンド・オブ・ライフ・ケア(ELNEC-J)コアカリキュラム~看護師教育プログラム~
12.がん患者のアピアランスケア(医療者が行う外見ケア)
13.摂食・嚥下障害に伴う看護の実際~口から食べる幸せを支えるために~
14.脳卒中患者のリハビリテーション看護のポイント
15.慢性心不全患者の看護
16.糖尿病合併症の予防とセルフケア~大血管障害~
17.地域連携における排便ケアの考え方
18.事例で学ぶ看護倫理
19.グループマネジメント
20.患者が見える看護記録
21.外来看護と地域連携
22.ヘルシーワークプレイス(健康で安全な職場)を作る
23.チームで行う退院支援・調整の進め方~病棟看護師の役割~
24.訪問看護師のための家族看護
25.訪問看護の経営・運営管理を学ぶ
26.看護ケアや人間関係構築につながるアンガーコントロール
27.笑いと健康
28.ケア改善のためのエビデンスの活用★JNAラダーレベルⅢ到達のための研修★
29.実習指導者講習会フォローアップ研修

看護教育・看護研究

30.実地指導者研修
31.教育担当者研修

管理研修

32.看護補助者の活用推進のための看護管理者研修~ヘルスケア提供システムにおける連携強化を実現するために~(日本看護協会DVD研修)※「急性期看護補助者体制加算・看護補助者加算」対応研修
33.看護管理者及び認定看護師のための看護師特定行為研修制度の理解と活用
34.医療事故調査制度と看護管理者の役割

職能・常任委員会研修

35.看護職が学ぶ「健康格差社会への処方箋」
36.クロックミップ研修新生児蘇生法 「専門」コース(Aコース)
37.ウィメンズヘルスケア能力研修①女性に対する暴力を予防するための支援
38.ウィメンズヘルスケア能力研修②リプロダクティブ・ヘルス/ライツに基づく支援
~多様な性の支援に必要な知識~

39.ウィメンズヘルスケア能力研修③妊娠期からの子どもの虐待予防
40.ウィメンズヘルスケア能力研修④不妊・不育の悩みを持つ女性の支援
41.★300床以下の中小規模病院対象★
「看護師のクリニカルラダー(JNA版)」の活用のための「評価方法」「研修企画」を学び、現場で活かす

42.高齢者のフットケア
43.災害医療と看護(実務編)
44.医療安全担当者スキルアップ研修
医療事故防止におけるチーム医療の推進とTeamSTEPPS®を活用したノンテクニカルスキルの向上

領域外

45.長~く働き、長寿社会を豊かに生きるための資産形成を学ぼう
~20代からボチボチと40代はコツコツと60代こそサクサクと~

46.【公開講座】ボイストレーニングでリフレッシュ ~これであなたも声美人~

養成研修

47.医療安全管理者養成研修

インターネット配信研修

災害支援ナースの第一歩~災害看護の基本的知識~
認知症高齢者の看護実践に必要な知識 ※「認知症ケア加算2」対応研修

研修日程

新人研修

研修名 1.学ぼう!看護職の責任と役割/WRAP「自分のトリセツ」を作ろう/新人看護師 交流会/急変時の看護/感染管理の基礎知識
ねらい 看護協会の組織と役割を理解し、専門職としての責任と役割を認識する
WRAPの基本を学び、自分を知り、様々なストレスと上手く付き合えるようになる
社会人になってから、楽しいこと、難しいこと、ちょっと気になっているけれど、職場ではなかなか話せないことなどを共有する
急変前徴候を見逃さず、報告及び応援要請する事ができる
看護ケアを安全に提供するための感染対策について基本的な知識・技術を学ぶ
内容 ①職能団体を組織する意義、目的
②日本看護協会と県看護協会との関係、役割
③専門職としての態度
④WRAPとは
⑤自分のトリセツを作ろう
⑥グループワーク
⑦急変時の徴候とアセスメント
⑧急変時の観察、報告のポイント
⑨感染防止・感染予防の基本的な考え方
⑩標準予防策
講師 公益社団法人青森県看護協会 会長 柾谷 京子
青森県立つくしが丘病院 WRAPファシリテーター 精神保健福祉士 佐藤 由子
公益社団法人青森県看護協会 教育委員
弘前大学医学部附属病院 集中ケア認定看護師 片山 美樹
むつ総合病院 感染管理認定看護師 棟方 祐子
参加条件 2日間受講できること
開催期日 7月9日(火)・7月10日(水)
会場 リンクステーションホール青森(県民福祉プラザから変更になりました)
定員 120人
レベル
受講料(税抜) 会員・非会員6,000円(2日間)
申込期間 5/1~5/20

研修名 2.安全に食べるための口腔ケア/排泄の援助と創傷ケア/医療安全の基礎知識/与薬と医療事故防止
ねらい 「食べる力」は「生きる力」であること、口腔ケアの必要性を学ぶ
安全・安楽な排泄時の看護および皮膚のケアについて基本的な知識を得る
看護ケアを安全に提供するための安全対策について基本的な知識を得る
安全に薬剤を使用する為の基本的な知識を得る
内容 ①口から食べる意義
②口腔機能の維持、回復
③口腔状態にあったケア
④皮膚のアセスメント
⑤排泄時の看護
⑥褥瘡予防
⑦医療安全の基本的な考え方
⑧新人ナースが起こしやすいインシデント事例
⑨与薬の基本的な知識
⑩日常使用している薬剤の副作用と早期の異常発見
講師 青森慈恵会病院 摂食・嚥下障害看護認定看護師 丹藤 淳
公立七戸病院 皮膚・排泄ケア認定看護師 西谷 栄理子
八戸市立市民病院 医療安全管理者 天間 美子(青森県看護協会医療・看護安全委員)
あおもり協立病院 薬剤師 金田一 成子
参加条件 2日間受講できること
開催期日 8月27日(火)・8月28日(水)
会場 リンクステーションホール青森(県民福祉プラザから変更になりました)
定員 120人
レベル
受講料(税抜) 会員・非会員6,000円(2日間)
申込期間 6/1~6/20

ページトップへ↑

准看護師研修

研修名 3.認知症ケア入門~准看護師・高齢者施設に勤務する看護師のために~
ねらい 認知症についての理解を深め看護に必要な基礎知識・技術・態度など具体的なケアの方法を学ぶ
内容 ①認知症の医学的知識
②認知症の人の理解と生活支援
③家族への支援 など
講師 むつ総合病院 認知症看護認定看護師 橋本 琢磨
参加条件 准看護師もしくは高齢者施設勤務看護師
開催期日 7月24日(水)
会場 県民福祉プラザ
定員 30人
レベル
受講料(税抜) 会員3,000円 非会員7,000円
申込期間 5/1~5/20

研修名 4.准看護師のための看護実践力アップ【フィジカルアセスメント】【進学支援】
ねらい 呼吸・循環のフィジカルアセスメントの基礎知識を学び、実践に活かす
進学に対する情報を得て、看護師資格取得について考える
内容 【フィジカルアセスメント】
①バイタルサインの意味
②フィジカルアセスメントと急変時の対応
③緊急時や重症度の判断、報告すべき異常な心電図
④呼吸音の解説
【進学支援】
①青森県看護協会について
②看護専門職としてのキャリアアップの意義など
③交流会
講師 青森県立保健大学 健康科学部看護学科 講師 救急看護認定看護師 千葉 武揚
公益社団法人青森県看護協会 常務理事・准看護師理事、県内進学体験者
参加条件 准看護師
開催期日 9月5日(木)14:00~17:00
会場 県民福祉プラザ
定員 30人
レベル
受講料(税抜) 会員3,000円 非会員7,000円
申込期間 7/1~7/20

研修名 5.准看護師のための看護実践力アップ【気管切開・胃瘻など瘻孔のスキンケア】
ねらい 瘻孔のスキンケアについて学び周囲皮膚障害の予防などケアに活かす
内容 ①瘻孔のスキンケア
②PEG・気管開孔・創傷ケアの実際
③周囲皮膚障害ケアの実際
講師 十和田市立中央病院 皮膚・排泄ケア認定看護師 笹森 祥子
参加条件 准看護師
開催期日 10月3日(木)14:00~17:00
会場 県民福祉プラザ
定員 30人
レベル
受講料(税抜) 会員3,000円 非会員7,000円
申込期間 8/1~8/20

ページトップへ↑

専門研修

研修名 6.救急・急変時の看護
ねらい 急変時の対応に必要な基礎知識・技術を学ぶ
内容 ①急変予測
②救急場面におけるリーダーシップ
③ISBARCに基づいた報告
④症例検討
⑤心理的支援
講師 八戸市立市民病院 救急看護認定看護師 神田 新一
八戸市立市民病院 救急看護認定看護師 佐々木 都
参加条件
開催期日 9月10日(火)
会場 リンクステーションホール青森
定員 150人
レベル Ⅱ~Ⅳ
受講料(税抜) 会員3,000円 非会員7,000円
申込期間 7/1~7/20

研修名 7.心電図・人工呼吸器などME機器の観察ポイント
ねらい 心電図の波形を理解し、正常・異常の判断ができる
人工呼吸器装着時の観察ポイント、合併症などについて理解し、ケアに活かす
内容 ①正常な心電図の理解
②不整脈の種類と対応
③人工呼吸器装着中の観察ポイント
④人工呼吸器のトラブルQ&A
⑤症状の緩和
⑥人工呼吸器装着中の看護
講師 青森市民病院 集中ケア認定看護師 工藤 未生
津軽保健生活協同組合健生病院 集中ケア認定看護師 神 恵子
参加条件
開催期日 7月23日(火)
会場 リンクステーションホール青森
定員 150人
レベル Ⅱ~Ⅳ
受講料(税抜) 会員3,000円 非会員7,000円
申込期間 5/1~5/20

研修名 8.褥瘡予防のためのスキンケア
ねらい 褥瘡ケアにおける予防の重要性を理解し、ケアの実際を学ぶ
内容 ①褥瘡予防の知識と技術
②褥瘡のリスクアセスメント
③スキンテア・体調管理・栄養管理
講師 黒石市国民健康保険黒石病院 皮膚・排泄ケア認定看護師 佐藤 哲子
つがる西北五広域連合つがる総合病院 皮膚・排泄ケア認定看護師 野呂 尚弘
参加条件
開催期日 11月20日(水)
会場 リンクステーションホール青森
定員 150人
レベル Ⅱ~Ⅳ
受講料(税抜) 会員3,000円 非会員7,000円
申込期間 9/1~9/20

研修名 9.一人ひとりが取り組む感染防止対策~患者さんとあなた自身を守るために~
ねらい 感染に関する基本的な知識と感染防止対策について学び、現行の確認・見直しにつなげる
内容 ①最新の動向、VRE・耐性菌
②HIV、AIDSへの対応
③輸血時の対応
講師 青森県立中央病院 感染管理認定看護師 今 めぐみ
青森県立中央病院 日本エイズ学会認定HIV感染症看護師 船橋 亜矢
青森県立中央病院 輸血学会認定看護師 三浦 聡子
参加条件
開催期日 7月17日(水)
会場 リンクステーションホール青森
定員 150人
レベル Ⅱ~Ⅳ
受講料(税抜) 会員3,000円 非会員7,000円
申込期間 5/1~5/20

研修名 10.季節性ウィルス性感染症に備える~インフルエンザ・ノロウィルス・溶連菌感染対策~
ねらい 季節性ウィルス性感染症を疑うアセスメントの視点を学び、感染拡大防止に活かす
内容 ①感染拡大のリスクを抑える基本的知識
②アセスメントの実際
③アウトブレイク時の対応
講師 平内町国民健康保険平内中央病院 感染管理認定看護師 荒内 久美子
弘前市立病院 感染管理認定看護師 伝法谷 一代
参加条件
開催期日 10月2日(水)
会場 県民福祉プラザ
定員 100人
レベル Ⅱ~Ⅳ
受講料(税抜) 会員3,000円 非会員7,000円
申込期間 8/1~8/20

研修名 11.エンド・オブ・ライフ・ケア(ELNEC-J)コアカリキュラム~看護師教育プログラム~
≪青森県立中央病院共催≫
ねらい 質の高いエンド・オブ・ライフ・ケアを提供できるよう知識・技術を習得する
内容 ①エンド・オブ・ライフ・ケアについて
②エンド・オブ・ライフ・ケアの実践 など
③演習
講師 ELNEC-J指導者
青森県立中央病院        山下 慈、廣瀬 公美、柳本 千景、小林 絢
あおもり協立病院        柴田 麻由子
青森市民病院          若松 歩
黒石市国民健康保険黒石病院   高橋 由香子
みどりの風訪問看護ステーション 太田 緑 他ファシリテーター10名
参加条件 看護師対象、2日間受講できること
開催期日 ①6月29日(土)、②7月20日(土)
会場 県民福祉プラザ
定員 48人
レベル Ⅲ~Ⅳ
受講料(税抜) 会員6,000円 非会員14,000円
申込期間 4/1~4/20

研修名 12.がん患者のアピアランスケア(医療者が行う外見ケア)
ねらい がん治療に伴う外見の問題が、患者のQOLや社会適応に及ぼす影響について知り、医療従事者としてアピアランスケアの意義、考え方、具体的な日常生活でのケア方法に関する知識を習得する
内容 ①アピアランスケアとは
②アピアランスケアの実際
③がん患者の日常整容の方法(演習を含む)
④困難事例への対応 など
講師 青森県立中央病院 がん化学療法看護認定看護師 坂本 周子
青森県立中央病院 乳がん看護認定看護師 佐藤 久美
他 ファシリテーター 4名
参加条件
開催期日 9月18日(水)
会場 リンクステーションホール青森
定員 80人
レベル Ⅱ~Ⅳ
受講料(税抜) 会員3,000円 非会員7,000円
申込期間 7/1~7/20

研修名 13.摂食・嚥下障害に伴う看護の実際~口から食べる幸せを支えるために~
ねらい 摂食・嚥下障害の状態にある患者の支援方法、アセスメント、リハビリテーションについて学ぶ
内容 ①食べるプロセスとメカニズム
②摂食・嚥下障害の評価
③食べるための段階的アプローチ(演習を含む)
講師 青森慈恵会病院 摂食・嚥下障害看護認定看護師 丹藤 淳
参加条件
開催期日 10月23日(水)
会場 弘前商工会議所
定員 120人
レベル Ⅱ~Ⅳ
受講料(税抜) 会員3,000円 非会員7,000円
申込期間 8/1~8/20

研修名 14.脳卒中患者のリハビリテーション看護のポイント
ねらい 脳卒中のリハビリテーションの実際を学び、看護実践に活かす
内容 ①脳卒中リハビリテーション看護とは
②脳卒中の基礎知識・予防
③急性期・回復期のリハビリテーション
④患者・家族の理解と支援・服薬など退院指導に関すること
講師 八戸赤十字病院 脳卒中リハビリテーション看護認定看護師 木村 紘到
弘前脳卒中・リハビリテーションセンター 脳卒中リハビリテーション看護認定看護師 齋藤 輝之
参加条件
開催期日 10月16日(水)
会場 県民福祉プラザ
定員 100人
レベル Ⅱ~Ⅳ
受講料(税抜) 会員3,000円 非会員7,000円
申込期間 8/1~8/20

研修名 15.慢性心不全患者の看護
ねらい 慢性心不全患者の特徴を理解し、看護の実際を学ぶ
内容 ①慢性心不全とは
②慢性心不全患者の特徴
③心不全増悪因子の評価とモニタリング
④心不全患者の療養上の課題とセルフケア支援
講師 青森県立中央病院 慢性心不全看護認定看護師 竹谷 洋子
参加条件
開催期日 7月31日(水)
会場 県民福祉プラザ
定員 100人
レベル Ⅱ~Ⅳ
受講料(税抜) 会員3,000円 非会員7,000円
申込期間 5/1~5/20

研修名 16.糖尿病合併症の予防とセルフケア~大血管障害~
ねらい 糖尿病に由来する合併症の理解を深め、患者指導・ケアの実際を学ぶ
内容 ①糖尿病の最新知識
②糖尿病と動脈硬化
③運動療法について
④糖尿病とPAD
⑤糖尿病と心疾患、脳梗塞患者支援の実際
講師 八戸市立市民病院 糖尿病看護認定看護師 久保 睦子
八戸市立市民病院 理学療法士 関 貴子
参加条件
開催期日 6月20日(木)
会場 八戸ユートリー
定員 100人
レベル Ⅱ~Ⅳ
受講料(税抜) 会員3,000円 非会員7,000円
申込期間 4/1~4/20

研修名 17.地域連携における排便ケアの考え方
ねらい 患者本人・介護者にとって最適な排便ケアについて学ぶ
内容 ①地域連携における排便ケアの考え方
②病院・施設・在宅それぞれの現場でのアセスメント
講師 排泄ケアサポートセンター ウェルビーイングオフィスK 代表 梶原 敦子
参加条件
開催期日 10月1日(火)
会場 県民福祉プラザ
定員 100人
レベル Ⅱ~Ⅳ
受講料(税抜) 会員3,000円 非会員7,000円
申込期間 8/1~8/20

研修名 18.事例で学ぶ看護倫理
ねらい 日常業務で遭遇する倫理的諸問題について考えると共に、倫理的ジレンマへの対応を学ぶ
内容 ①看護倫理とは
②看護職の責任と倫理
③倫理的諸問題への対応など事例討議
講師 岩手医科大学 共通基盤看護学講座 特任准教授 三浦 幸枝
参加条件
開催期日 9月30日(月)
会場 県民福祉プラザ
定員 100人
レベル Ⅲ~Ⅳ
受講料(税抜) 会員3,000円 非会員7,000円
申込期間 7/1~7/20

研修名 19.グループマネジメント
ねらい 看護チームにおけるリーダーの役割、医療チームにおける看護の役割を理解し、連携・協働の在り方を学ぶ
内容 ①リーダーシップとメンバーシップ
②集団の基本概念
③集団力学(グループダイナミクス)
④コミュニケーション
⑤ファシリテーション
講師 青森県立保健大学 健康科学部 看護学科 准教授 村上 眞須美
参加条件 2日間受講できること
開催期日 11月29日(金)・11月30日(土)
会場 県民福祉プラザ
定員 80人
レベル Ⅲ~Ⅳ
受講料(税抜) 会員6,000円 非会員14,000円
申込期間 9/1~9/20

研修名 20.患者が見える看護記録
ねらい 看護記録の趣旨と法律、それにかかわるリスクを理解し、記録の書き方を学ぶ
内容 ①看護記録の目的・意義
②POSとは
③看護記録の法的な位置づけ
④看護記録の表現
⑤記録短縮の工夫
⑥記録の実際
⑦病棟以外の検査・術場 など
講師 社会福祉法人聖母会 聖母病院  副院長 岩渕 泰子
参加条件
開催期日 8月30日(金)
会場 八戸ユートリー
定員 150人
レベル Ⅰ~Ⅲ
受講料(税抜) 会員3,000円 非会員7,000円
申込期間 6/1~6/20

研修名 21.外来看護と地域連携
ねらい 今日に求められる外来看護の在り方、患者支援の仕組みづくりを考える
内容 ①外来看護の歴史
②診療報酬評価の変遷
③地域連携における外来看護の役割
④外来看護の未来と課題
⑤演習
講師 首都大学東京 健康福祉学部看護学科 人間健康科学研究科 看護科学域 准教授 島田 恵
参加条件
開催期日 10月19日(土)
会場 県民福祉プラザ
定員 140人
レベル Ⅲ~Ⅴ
受講料(税抜) 会員3,000円 非会員7,000円
申込期間 8/1~8/20

研修名 22.ヘルシーワークプレイス(健康で安全な職場)を作る
ねらい 看護職の健康と安全を守る法と制度を学び、健康で安全な職場づくりを目指す
内容 ①ヘルシーワークプレイスとは
②女性の生殖と働くことへの支援(更年期・生理など)
③メンタルヘルス
講師 公益社団法人日本看護協会 労働政策部 看護労働課
参加条件
開催期日 10月25日(金)
会場 県民福祉プラザ
定員 120人
レベル Ⅲ~Ⅴ
受講料(税抜) 会員3,000円 非会員7,000円
申込期間 8/1~8/20

研修名 23.チームで行う退院支援・調整の進め方~病棟看護師の役割~
ねらい 在宅療養を支援するための社会資源や病棟看護師の具体的なあり方を学び、実践に活かす
内容 ①入院時からの関わり方
②退院指導
③ケア担当者会議での病棟看護師の役割
④患者の情報提供・看護サマリーのあり方
⑤社会資源の活用など
講師 弘前大学医学部附属病院 総合患者支援センター 附田 優美(病院から繋ぐ地域包括ケア看護実践者育成研修修了者)
弘前大学医学部附属病院 認知症看護認定看護師 葛西 愛子(つがるブランドナース 修了者)
メディカルソーシャルワーカー 1名
参加条件
開催期日 9月13日(金)
会場 八戸ユートリー
定員 150人
レベル Ⅲ~Ⅴ
受講料(税抜) 会員3,000円 非会員7,000円
申込期間 7/1~7/20

研修名 24.訪問看護師のための家族看護
ねらい 事例を通して在宅療養者及び家族への支援の方法を学ぶ
内容 ①家族アセスメントと介入方法
②事例を用いた家族看護の実際
講師 弘前学院大学 看護学部 教授 髙田 まり子
参加条件
開催期日 9月19日(木)
会場 弘前商工会議所
定員 30人
レベル Ⅰ~Ⅴ
受講料(税抜) 会員3,000円 非会員7,000円
申込期間 7/1~7/20

研修名 25.訪問看護の経営・運営管理を学ぶ
ねらい 訪問看護の経営・運営管理を学び実践に活かす
内容 ①経営・運営管理
②人事管理
講師 茨城県立中央病院 看護局長 がん看護専門看護師 角田 直枝
参加条件
開催期日 10月19日(土)
会場 県民福祉プラザ
定員 30人
レベル Ⅳ~Ⅴ
受講料(税抜) 会員3,000円 非会員7,000円
申込期間 8/1~8/20

研修名 26.看護ケアや人間関係構築につながるアンガーコントロール
ねらい アンガーマネジメントにより、怒りの感情に対する向き合い方、怒っている人への対処方法を学び、よりよい人間関係を築くことができる
内容 ①アンガーマネジメントとは
②怒りの感情を知る
③職場・家庭のよりよい人間関係に活かすために など
講師 八戸赤十字病院 米田 利希子
(日本アンガーマネジメント協会アンガーマネジメントファシリテーター)
参加条件
開催期日 10月9日(水)午後
会場 リンクステーションホール青森
定員 150人
レベル Ⅰ~Ⅴ
受講料(税抜) 会員3,000円 非会員7,000円
申込期間 8/1~8/20

研修名 27.笑いと健康
ねらい 笑いと健康、疾病との関連について研究結果を基に、演習を交えながら学び、実践に活かす
内容 ①ストレスと笑い
②笑いと健康
③演習
講師 福島県立医科大学 教授 大平 哲也
参加条件
開催期日 9月20日(金)
会場 県民福祉プラザ
定員 100人
レベル Ⅰ~Ⅴ
受講料(税抜) 会員3,000円 非会員7,000円
申込期間 7/1~7/20

研修名 28.ケア改善のためのエビデンスの活用
★JNAラダーレベルⅢ到達のための研修★
ねらい JNAラダーの4つの力のうち「ケアする力」との関連が深く、レベルⅢを目指す
内容 ①ケアの改善
②指標を用いた評価
③エビデンスに基づくケア
講師 青森県立保健大学健康科学部看護学科 学部長・教授 角濱 春美
参加条件
開催期日 9月21日(土)
会場 県民福祉プラザ
定員 100人
レベル
受講料(税抜) 会員3,000円 非会員7,000円
申込期間 7/1~7/20

研修名 29.実習指導者講習会フォローアップ研修
ねらい 自らの実習指導を振り返り、研修会でさらに新たな知見を得ることで、実習指導者としての資質の向上を図る
内容 講義と演習(グループワーク)
講師 県内大学教員
参加条件
開催期日 12月10日(火)
会場 県民福祉プラザ
定員 50人
レベル
受講料(税抜) 会員3,000円 非会員7,000円
申込期間 10/1~10/20

ページトップへ↑

看護教育・看護研究

研修名 30.実地指導者研修
ねらい 新人看護職員に対して、臨床実践に関する実地指導評価を行うにあたり、教育的な指導ができることを目指す
内容 ①新人看護職員研修体制
②教育の基本的な考え方
③中途採用の新人看護師
講師 東京医療保健大学大学院 医療保健学研究科 教授 末永 由理
参加条件 2日間受講できること
開催期日 6月7日(金)・6月8日(土)
会場 県民福祉プラザ
定員 100人
レベル Ⅱ~Ⅳ
受講料(税抜) 会員6,000円 非会員14,000円
申込期間 4/1~4/20

研修名 31.教育担当者研修
ねらい 新人看護職員研修に必要な能力を習得し、適切な研修の企画・実施・評価ができる
内容 ①新人看護職員研修事業について
②新人看護職員と実地指導者の育成と支援
③部署における新人看護職員研修の立案と評価
④新人看護職員研修事業補助金申請書
講師 恩賜財団済生会横浜市東部病院 看護師長 小陽 美紀
参加条件 2日間受講できること
開催期日 10月30日(水)・10月31日(木)
会場 県民福祉プラザ
定員 50人
レベル Ⅲ~Ⅴ
受講料(税抜) 会員6,000円 非会員14,000円
申込期間 8/1~8/20

ページトップへ↑

管理研修

研修名 32.看護補助者の活用推進のための看護管理者研修
~ヘルスケア提供システムにおける連携強化を実現するために~
(日本看護協会DVD研修)※「急性期看護補助体制加算・看護補助加算」対応研修
ねらい 効率的な業務運営と良質な看護サービスの提供を目的とした看護補助者の業務範囲や教育および就労環境について理解し、自施設における看護補助者体制整備の一助とする
内容 ①看護補助者の活用に関する制度の理解
②看護職との連携と業務整理
③看護補助者の雇用形態と処遇等
④看護補助者の育成・研修・能力評価
⑤看護補助者体制整備に関する課題の対策案作成(演習)
講師 公益社団法人日本看護協会DVD
参加条件
開催期日 5月24日(金)
会場 県民福祉プラザ
定員 80人
レベル
受講料(税抜) 会員3,000円 非会員7,000円
申込期間 4/1~4/20

研修名 33.看護管理者及び認定看護師のための看護師特定行為研修制度の理解と活用
ねらい 特定行為研修制度の概要を理解し、看護の専門性発揮とチーム医療推進に制度がどのように活用可能かについて学ぶ
内容 ①特定行為に係わる看護師の研修制度の概要
②日本看護協会の考え方
③研修制度の活用と今後への期待
④交流会
講師 公益社団法人日本看護協会 常任理事 荒木 暁子
特定行為研修修了者 認定看護師
参加条件
開催期日 11月23日(土)
会場 アピオあおもり(県民福祉プラザから変更になっております)
定員 100人
レベル
受講料(税抜) 会員3,000円 非会員7,000円
申込期間 9/1~9/20

研修名 34.医療事故調査制度と看護管理者の役割
ねらい 医療組織におけるリスクマネジメント体制につて学び、組織のリーダー指導者として運営する能力を養う
内容 ①リスクマネジメントを推進していく組織対応のあり方
②事故発生時の対応
③医療事故調査制度の新たな課題
講師 公益社団法人日本看護協会 常任理事 熊谷 雅美
参加条件
開催期日 9月28日(土)
会場 県民福祉プラザ
定員 80人
レベル Ⅲ~Ⅴ
受講料(税抜) 会員3,000円 非会員7,000円
申込期間 7/1~7/20

ページトップへ↑

職能・常任委員会研修
保健師職能

研修名 35.看護職が学ぶ「健康格差社会への処方箋」
ねらい “健康の社会的決定要因”を研究する学問「社会疫学」の進歩により、日本でも健康格差問題が脚光を浴びている。健康格差の縮小に向けて医療者は何ができるのか、健康格差社会の解消に向けた戦略について学び、各職域における実践方法を考える
内容 講義とワークショップ
講師 東北大学大学院歯学研究科 歯学イノベーションリエゾンセンター 助教 坪谷 透
講師プロフィール https://reserchmap.jp/tsubo828
参加条件
開催期日 10月12日(土)午後
会場 県民福祉プラザ
定員 42人
レベル Ⅰ~Ⅴ
受講料(税抜) 会員3,000円 非会員7,000円
申込期間 8/1~8/20
助産師職能

研修名 36.クロックミップ研修 新生児蘇生法「専門」コース(Aコース)
ねらい 気管挿管、薬物投与を含めた「診療知識編」「実技編」で構成される高度な新生児蘇生法の習得
内容 ①講習
②手技実習
③シナリオ実習
講師 NCPRインストラクター
伊藤 裕也
坂野 利智子
青森県立中央病院 4名
参加条件
開催期日 6月9日(日)
会場 県民福祉プラザ
定員 24人
レベル
受講料(税抜) 会員10,000円 非会員25,000円
申込期間 4/1~4/20

研修名 37.ウィメンズヘルスケア能力研修①
女性に対する暴力を予防するための支援
ねらい 女性に対する暴力について、法律、制度を含め広く理解し、予防するための支援について知識を得る
内容 ①女性に対する暴力のリスク要因、暴力が起こる病理
②早期発見と発見時の対応
③暴力の身体的・社会的影響、関係する法律・制度
④相談支援に関する技術、医療的・社会的資源の活用
講師 青森中央学院大学 看護学部 准教授 川添 郁夫
参加条件
開催期日 9月6日(金)9:30~12:30
会場 県民福祉プラザ
定員 30人
レベル
受講料(税抜) 会員3,000円 非会員7,000円
申込期間 7/1~7/20

研修名 38.ウィメンズヘルスケア能力研修②
リプロダクティブ・ヘルス/ライツに基づく支援~多様な性の支援に必要な知識~
ねらい 性の多様性を理解し、医療の現場で必要な支援について知識を得る
内容 ①多様な性の基本的知識
②多様な性による身体的・社会機能的影響
③多様な性の社会的動向
④多様な性の相談と支援に関する技術・医療的・社会的資源の活用
講師 宝塚大学看護学部 教授 日高 庸晴
参加条件
開催期日 9月6日(金)13:30~16:30
会場 県民福祉プラザ
定員 30人
レベル
受講料(税抜) 会員3,000円 非会員7,000円
申込期間 7/1~7/20

研修名 39.ウィメンズヘルスケア能力研修③
妊娠期からの子どもの虐待予防
ねらい 妊娠期からの子どもの虐待予防について学ぶ
内容 ①子ども(胎児を含む)の虐待のリスク要因、虐待による影響
②虐待の対応に関する医療的・社会的資源の活用
③子ども(胎児を含む)の虐待の動向
④虐待に関する相談への支援
⑤地域の母子保健事業や協議会
講師 未定
参加条件
開催期日 10月18日(金) 9:30~12:30
会場 県民福祉プラザ
定員 30人
レベル
受講料(税抜) 会員3,000円 非会員7,000円
申込期間 8/1~8/20

研修名 40.ウィメンズヘルスケア能力研修④
不妊・不育の悩みを持つ女性の支援
ねらい 不妊・不育に関連する悩みを持つ女性に対する支援について学び、現場で活用する事ができる
内容 ①不妊・不育に関連する生殖器系の形態・機能、病態、検査、診断、治療
②不妊・不育に関連する社会資源、法律、制度
③里親、養子縁組制度
講師 Fクリニック 院長 藤井 俊策
弘前大学医学部附属病院 不妊症看護認定看護師 前田 あかね
参加条件
開催期日 10月18日(金) 13:30~16:30
会場 県民福祉プラザ
定員 30人
レベル
受講料(税抜) 会員3,000円 非会員7,000円
申込期間 8/1~8/20
看護師職能Ⅰ

研修名 41.★300床以下の中小規模病院対象★
「看護師のクリニカルラダー(JNA版)」の活用のための「評価方法」「研修企画」を学び、現場で活かす
ねらい 看護師のクリニカルラダー(JNA版)の評価と自施設に合わせたラダー別の研修を企画する事ができる
内容 JNAラダーの評価と研修企画
講師 NTT東日本伊豆病院 看護部長 塩田 美佐代
参加条件
開催期日 6月13日(木)
会場 県民福祉プラザ
定員 50人
レベル
受講料(税抜) 会員3,000円 非会員7,000円
申込期間 4/1~4/20
看護師職能Ⅱ

研修名 42.高齢者のフットケア
ねらい 高齢者の爪の特徴「巻き爪、白癬」などの皮膚トラブルから起こる、歩行障害・要介護状態を予防するための知識・技術を学ぶ
内容 ①基本知識
②演習(実技)
講師 十和田市立中央病院 糖尿病看護認定看護師 成田 圭子
参加条件
開催期日 8月22日(木)
会場 県民福祉プラザ
定員 50人
レベル Ⅰ~Ⅴ
受講料(税抜) 会員3,000円 非会員7,000円
申込期間 6/1~6/20
災害看護活動

研修名 43.災害医療と看護(実務編)
ねらい 災害看護の特殊性を理解すると共に、専門的知識・技術を習得し、被災者及び被災地域の為に、災害支援ナースとして活動できる実践能力を習得する
災害支援ナースとして参加する上での自己完結の心構えと行動、必要な準備について習得する
内容 ①災害及び災害看護の基本について
②災害支援ナースの必要性及び具体的な役割について
③災害支援ナースとして自己完結型支援の必要性及び準備品について
④机上シミュレーションや演習を通して災害支援ナースとしての行動ができる
講師 日本看護協会による「災害支援ナース育成研修企画・指導者研修」修了者/災害看護活動委員会
参加条件 災害医療と看護(基礎編)または災害支援ナースの第一歩を修了していること
※災害支援ナースの第一歩~災害看護の基本的知識~はインターネット配信研修参照
開催期日 10月9日(水)
会場 リンクステーションホール青森
定員 50人
レベル Ⅰ~Ⅴ
受講料(税抜) 会員3,000円 非会員7,000円
申込期間 8/1~8/20
医療・看護安全

研修名 44.医療安全担当者スキルアップ研修
医療事故防止におけるチーム医療の推進とTeamSTEPPS®を活用したノンテクニカルスキルの向上
ねらい Team STEPPS®を活用し質の高い医療や安全な医療を行うことができる
内容 講義・演習
講師 東京慈恵会医科大学附属病院 中央検査部 診療部長・教授 海渡 健
参加条件 医療安全管理者養成研修を修了した者および医療安全担当者
開催期日 10月28日(月)
会場 県民福祉プラザ
定員 100人
レベル
受講料(税抜) 会員3,000円 非会員7,000円
申込期間 8/1~8/20

ページトップへ↑

領域外

研修名 45.長~く働き、長寿社会を豊かに生きるための資産形成を学ぼう
~20代からボチボチと、40代はコツコツと、60代こそサクサクと~
ねらい 資産に関わる基本的な「仕組み」を学び、自身の具体的な資産に関する状況をあてはめてみる
自身のあるべき資産形成について「基準」の数値を試算し、豊かに生きるための方策を考える
内容 ①株式や資産にまつわる基本的な「仕組み」とは
②長寿社会における資産形成の重要性
③自身の資産形成の「基準」の数値を試算する
④質疑
講師 弘前大学人文社会科学部 教授
弘前大学大学院人文社会科学研究科 副研究科長 飯島 裕胤
参加条件
開催期日 9月12日(木)
会場 県民福祉プラザ
定員 100人
レベル
受講料(税抜) 会員3,000円 非会員7,000円 ※60歳以上の会員は無料
申込期間 7/1~7/20

研修名 46.【公開講座】ボイストレーニングでリフレッシュ~これであなたも声美人~
ねらい 健康寿命を延ばす視点から身体を動かし、声を出しやすくする身体づくりと発声によりデトックスを促し心身のリフレッシュをはかる
内容 ①美しい声が出る身体づくり
②発声によるデトックスとリフレッシュ など
講師 歌唱演技講師 ボーカルトレーナー 二期会会員 小山内 カヲル
参加条件
開催期日 8月24日(土)13:30~15:30
会場 県民福祉プラザ
定員 50人
レベル
受講料(税抜) 無料
申込期間 6/1~6/20

ページトップへ↑

養成研修

研修名 47.医療安全管理者養成研修
ねらい 医療安全管理者として必要な基本的知識・技術・態度の修得をめざす
内容 ①医療安全の基本的知識
②安全管理体制の構築
③医療安全についての職員に対する研修の企画・運営
④医療安全に資する情報収集と分析・対策立案・フィードバック・評価
⑤事故発生時の対応
⑥安全文化の醸成
講師 岩手医科大学看護学部 学部長 嶋森 好子
株式会社安全推進研究所 代表取締役所長 河野 龍太郎
名古屋大学医学部附属病院 医療の質・安全管理部 病院助教 寺井 美峰子
北海道大学病院 医療安全管理部 部長・教授 南須原 康行
菊名記念病院 医療安全管理室 室長 新村 美佐香
東北大学病院 医療安全推進室 室長 藤盛 啓成
参加条件 医療安全管理者の任にある者、または今後医療安全管理者の任につく予定の者
開催期日 11月13日(水)~11月16日(土)、11月25日(月)、12月4日(水)、12月5日(木)の7日間
会場 県民福祉プラザ
定員 40人
レベル
受講料(税抜) 会員40,000円 非会員92,000円
申込期間 9/1~9/20

ページトップへ↑