メニューを飛ばして本文へ
ホーム » 21世紀職業財団から「職場におけるセクシャルハラスメント・パワーハラスメント防止のために-医療・介護編-」テキスト発売のお知らせです

21世紀職業財団から「職場におけるセクシャルハラスメント・パワーハラスメント防止のために-医療・介護編-」テキスト発売のお知らせです

内  容 この度21世紀職業財団より、「職場におけるセクシャルハラスメント・パワーハラスメント防止のために-医療・介護編-」テキストが発売されました。

 職場のパワーハラスメントは、近年、都道府県労働局等への相談件数が増加を続け、ひどい嫌がらせ等と理由とする精神障害での労災保険の支給決定件数が増加しているなど、社会的な問題として顕在化してきています。特に看護職(保健師助産師看護師)は、過去5年間(平成21~25年)を通じて、精神障害での労災請求件数の多い職種でワースト10位(上位10位以内)に入っています。医療・介護現場でのハラスメントの特徴としては、その関与者の多様性にあり、一般の職場同様「上から下へ」ハラスメントの他に、ザービス利用者やその家族からのハラスメントが少なからず生じていることが挙げられます。

 「職場におけるセクシャルハラスメント・パワーハラスメント防止のために -医療・介護編-」テキストは、医療・介護の現場におけるハラスメントの現状と特徴を知り、組織の役割や責任について学び、その上で職場におけるハラスメントをなくしていく取り組みや、ハラスメントと捉えかねない具体的な言葉が例示されていて、大変参考になる内容です。

 テキストは、以下の公益財団法人21世紀財団のホームページより購入可能です。
http://www.order-jiwe.jp/book_list.php