メニューを飛ばして本文へ
ホーム » 全国訪問看護事業協会から「医師による遠隔での死亡診断をサポートする看護師を対象とした研修会」のお知らせです

全国訪問看護事業協会から「医師による遠隔での死亡診断をサポートする看護師を対象とした研修会」のお知らせです

開催日時 第1回 平成30年1月12日(金)・13日(土)の2日間 定員30人
第2回 平成30年1月30日(火)・31日(水)の2日間 定員30人
参 加 費 無 料
対 象 者 以下の(ア)(イ)(ウ)(エ)のすべてを満たす看護師で(オ)が可能な方

(ア)看護師としての実務経験5年以上を有し、その間に患者の死亡に立ち会った経験が3例以上ある。

(イ)看護師としての実務経験のうち、訪問看護または介護保健施設等において3年以上の実務経験を有し、その間に患者5名に対しターミナルケアを行った(※)ことがある。
※ここでいう「ターミナルケアを行った」とは、患者の死亡日及び死亡日前14日以内に、2回以上の訪問看護等を実施し、ターミナルケアに係る支援体制について患者及びその家族等に対して説明した上でターミナルケアを行った場合をいう。

(ウ)実務においてICTを活用して連携している医師に、研修受講について説明し、同意を得ていること。
★医師の同意書をご提示ください

(エ)「情報通信機器(ICT)を利用した死亡診断等ガイドラン」を読んでいること。
こちらのページからダウンロードできます。

(オ)所属施設で業務上用いているタブレットまたはスマートフォン等を持参いただける方。

研修内容 1.法医学に関する講義・演習
2.看護に関する講義・演習
3.法医学に関する実施研修(2体以上の死体検案又は解剖への立ち会い)
※受講記録で受講状況の管理を行い、1~3すべてのプログラムを履修した場合に修了証を交付する。

詳細な内容はこちらの全国訪問看護事業協会の案内ページをご覧ください。

申込方法
申込締切
こちらの研修会案内ページの内容をご確認のうえ、「研修申込書兼同意書」をダウンロードし、郵送にてお申込みください。

※申込締切:平成29年12月12日必着

参加決定者には電話連絡の上、12月18日以降に、参加票、プログラム、地図等を郵送いたします。

問合せ 一般社団法人 全国訪問看護事業協会
〒160-0022 東京都新宿区新宿1-3-12 壱丁目参番館401
TEL:03-3351-5898  FAX:03-3351-5938
URL:https://zenhokan.or.jp/