看護の日・看護週間

看護の日・看護週間事業とは?

21世紀の高齢社会を支えていくためには、看護の心、助け合いの心を私たち一人一人が分かち合うことが必要です。こうした心を育むきっかけとなるよう、近代看護を築いたフローレンス・ナイチンゲールの誕生日5月12日が〖看護の日〗として1990年に制定されました。また、5月12日を含む土曜日から日曜日までを看護週間としています。

令和3年度看護の日・看護週間事業

1日まちの保健室

学校にある保健室のように、地域の方々が気軽に健康相談ができる”保健室”を、青森県看護協会各支部が年に1日開催しています。

内容:健康相談・血圧測定・訪問看護相談 等

◇青森市 ◇弘前市
ガーラタウン・青森ウエストモール
2019年5月11日(土)
11:00~15:00
さくら野百貨店 弘前店
2019年5月11日(土)
11:00~14:00
◇八戸市 ◇つがる市
ラピアショッピングセンター
2019年5月11日(土)
10:00~12:00
イオンモールつがる柏
2019年5月11日(土)
11:00~15:00
◇むつ市 ◇十和田市
マエダ本店
2019年5月11日(土)
10:00~12:30
道の駅とわだ「とわだぴあ」
2019年5月11日(土)
10:00~13:00
東青支部
中弘南黒支部
三八支部
西北五支部
下北支部
上十三支部

施設活動

「看護の日・看護週間」を県民に広くPRするために、会員のいる施設で実施しています。
病院等各施設が、ポスターの掲示・患者様へポストカード配布や健康相談・血圧測定を行っています。
また、生け花の展示コーナーを設けるなどそれぞれ工夫を凝らして県民にPRしています。